大矢畳店 たたみうさぎ

「畳ってよくわからないから頼みづらい」、「どういう風な手順で注文すればいいんだろう」と思っている方にぜひ読んでいただけたらと思います。

まず畳ってよくわからないから、頼みづらいと思っている方へ


畳替えには主に3種類の「表替え」、「裏返し」、「新畳」というご注文内容があります。まずは順々に用語の意味から見ていきましょう。

新畳とは、現在ある畳を丸ごとすべて、新規で畳を作り直すこと。または新築で和室の何もない所に新規で畳を作って入れることを指します。

表替えとは張替えのことです。畳の芯材の部分はそのまま使い、畳のゴザ(イ草)の部分と畳ヘリ(ふち)の部分を新しく張り替えることを指します。基本的に新畳で使い始めてから、20年間は表替えできます。(薄畳は除く)

裏返しとは畳のゴザの部分を裏にひっくり返して、日焼けしてない緑で毛羽だっていない面を表にすることで、表替えをした時と似たような緑色の空間ができます。裏返しの出来る年数は新畳、表替えをやられてから5年から7年となります。

 

どんな方法で注文したらいいのだろう?また完成までの流れはどんなのだろう?


手順は次の番号の通りです。

1.お電話・お問い合わせフォームからお見積りの依頼のご連絡をください。

お電話のいただいた時に、お見積り希望日をいっていただけるとスムーズ

2.お見積りに伺います。

材料のサンプルをもってお見積りに伺います。その際に施工日のご相談もします。畳1枚が持ち上がれば、芯材の状況が分かり表替えができるか分かるので、ほとんど住んでいるそのままの状況でわかることが多いです。

3.施工日

荷物移動の道具を持って、畳を引き取りにいき、作業場に持って帰って作業を開始します。その際に作り終わる大体の時間をいいますので、その時間に家に戻ってもらえれば、お買い物にいったり、遊びに出かけたりしても平気です。

4.納品完了

施工日の日に仕上がって納品します。その際にお支払いという形になります。また納品日を別の日にしたい場合は、お見積りの際に一言お願いします。