畳縁とカラーの効果の組み合わせ

畳縁畳縁

今回は畳縁ってどういうのを選べばいいかわからない方に、カラーが人に与える効果を知ることで、畳縁を選ぶ時の参考になって、自分の過ごしたい環境にあった畳縁を選べるようになってもらおうかと思います。
見た目で選ぶ畳縁選びはこちら

畳縁カラー:グリーン

人気NO.1のカラー「緑色」

緑色安心感や安定、調和の色で次のような効果があります。
・心や身体の疲れをいやす。
・疲れた目を休ませる。
・リラックスの作用がある。
・穏やかな気持ちにする。

気持ちを穏やかにして、心をリラックスさせてくれる効果があります。
「畳だと落ち着いて、ホッとできる」のは、香りとこの色の効果が大きいでしょう。
また畳の中では1番、部屋を明るく見せてくれるカラーでもあります。

「心身ともによく疲れがでる方」
「常に落ち着いた行動がしたい方」
「明るい部屋がよい方」

におすすめです。

畳縁カラー:ブルー

人気NO.2のカラーは「青色」です。
ブルーのカラー効果は冷静さを表す色になっており、次のような効果があります。
・集中力を高める。
・食欲をコントロールできる。
・興奮を押さえ、気持ちを落ち着かせる。
・時間経過を遅く感じる。
・睡眠を促進する。

何かに集中しやすい環境に整えてくれるのが効果があります。
また青でも紺系列の色を選ぶと引き締まった部屋の雰囲気になり、豪華感はあがります。

「遊びや趣味の時間を少しでも長く取りたい方」
「仕事や勉強など、集中して物事に取り組みたい方」
「よく寝れる環境を整えたい方」
「昔ながらの格式のある和室にしたい方」

におすすめです。

カラー:ピンク

ピンクに花柄はかわいらしい畳縁が多いので女性の方に人気が高いです。
ピンク色自体の効果として、温かい雰囲気を与える色で、効果は次のとおりです。

・優しい気持ちになる。
・心も体も若くなる。
・かわいらしく見える。
・安らぎの気分になる。
・緊張をやわらげる。

という効果があります。

暖色系ライトと合わせるとより、落ち着いた部屋になります。

「人にやさしく接したいと考えている方」
「可愛らしい雰囲気の部屋にしたい方」

にオススメな色になっています。