畳が赤ちゃんに過ごしやすい環境な理由

赤ちゃんが生まれると、畳、フローリング、じゅうたん等、どんな所がいいのだろうと気になると思います。
今回は畳が赤ちゃんにいい理由一緒に過ごす両親にとっていい理由で、具体的にどんなことがいいのか?また親が気にする点などを挙げてご説明します。

赤ちゃんにいい理由

畳は赤ちゃんがだす汗を吸っても、サラサラの状態をキープ

赤ちゃんの平熱は高めで汗を非常に多くかいてしまい、気を付けていないと汗疹やかぶれなどが起きてしまう場合があります。
そんな状態になりやすい赤ちゃんをひっそりと守ってくれるのが畳です。

寝起きでシャツが湿っていても、畳のい草は汗を素早く吸ってから、空気中に放出してくれるため、汗でびちょびちょになりづらい環境にして、赤ちゃんの肌荒れを守ってくれています。

畳は自然のクッション性があるので、安心・安全

赤ちゃんがハイハイからしっかり歩けるようになる期間は転倒や落下など、様々なトラブルが起こる可能性があります。
畳の自然の柔らかさはそんな転倒や落下による衝撃吸収をサポートしてくれます。
自然の柔らかみはハイハイする時にも、体に優しく、赤ちゃんの足腰を鍛えるハイハイをサポートしています。

畳の香りによるリラックス効果で、すこやかな睡眠

畳のいぐさの香りには「バニリン」という成分のアロマにも使われているリラックスできる香りを放っています。
赤ちゃんも香りでリラックスできる環境は、寝る安心感が期待できます。

また赤ちゃんだけでなく、夜泣きなどの睡眠不足になるママさんにも、布団を敷かなくてもゴロっとでき、睡眠をとれることも便利です。

ザラザラとした肌触りは赤ちゃんの楽しいにもなっている

畳のザラザラとした肌触りを求める赤ちゃんもいて、畳をカリカリと指や爪で感触を楽しんでいるという報告もあがっていて、立ち上がれない赤ちゃんは赤ちゃんなりに楽しみを見つけており、畳は立てなくても遊べる(肌触りを楽しめる)という赤ちゃんの娯楽にもなっています

両親にとっていい理由

抱っこしての寝かしつけで、足が痛いをカバー

寝かしつけで、フローリングの上やフローリングに絨毯を敷いて、往復していると硬い反発で、足にかなり疲れがきます。

畳はクッション性があり、部屋全体に敷くので、歩き回るのも楽。そして膝や足も楽になります。

すぐにごろ寝ができる

夜泣きをする赤ちゃんで、睡眠不足になりがちな場合、布団をしかないで、すぐにゴロ寝ができる環境は貴重な休憩と睡眠にできる時間になります。

香りでリラックス

最初は赤ちゃんが心配で、神経が張り詰めています。そんな時に落ち着く畳の香りで、リラックスできるのもいいところの一つです。

よくあるパパ・ママの赤ちゃんに畳って平気なの? Q&A

Q. 赤ちゃんを育てている時、畳に汚れがついちゃうのは平気?

答え:赤ちゃんのおむつ交換やよだれ、はき戻しなどで、畳は汚れてしまうことがありますが、畳は大量でなければ、おしっこやよだれ等のアンモニア系の匂いを吸収して、キレイな空気に変換してするので、おしっこやヨダレはアルコールシートなどでさっと拭き取っていただければ、問題なく使用いただけます。

Q. 毛羽だっているから、畳の上にゴザ敷いた方がいいんじゃない?

答え:毛羽立ちがあってチクチクするのをゴザを上に敷いて代用することは、悪くはありませんが、畳の上にゴザが敷いてあると下に敷いてある畳は呼吸ができなくなり、湿気がたまりやすくなるため、いつの間にかカビているケースが少なくありません。
その上で赤ちゃんを過ごさせないためには、できれば敷かないで、畳替えをするのがベストですが、どうしてもという方は上敷きゴザを定期的に外して、換気させる方がいいでしょう。