畳の機能シートについて

畳の機能シートは「炭シート」、「防虫シート」、「不織布シート」と主に3種類あります。シートは畳での生活をより快適にするために、使用します。
また重要視する要素によって、シートの種類を変えることがいいでしょう。
機能と重要視する要素を解説いたします。

炭シート

炭シートを入れると快適になることは
「調湿作用の強化」です。炭には空気をきれいにする効果と湿度を調整する効果があり、畳も調湿作用の効果があるので、ダブル効果で多くの湿度を調整する作用があります。
「より夏や冬など、すごしづらい季節を快適に過ごしたい方におすすめです」

防虫シート

防虫シートは名前のとおり、防虫効果の薬剤をシートに塗っているシートになります。
畳床と畳表の間に入れることにより、「虫がきづらい環境をつくります」またダニ、カビの発生を抑制する効果もあるので、一度発生した経験があって、嫌な思いをした方にオススメです

不織布シート

不織布シートは畳床がワラ床の場合に使います。
ワラ床は人間が一番快適にすごしやすい反面、虫も寄りつきやすい傾向があります。その虫の寄り付きをこの不織布シートで畳床の周りを包み込み、虫が住み着くのを抑えます。
「ワラ床だと、確実につけたほうがいいでしょう」

料金

料金 / 1畳
炭シート2000円
防虫シート2000円
不織布シート800円